主治医を変えて持続性気分障害で障害共済年金2級を受給できたケース

1. 相談の電話を頂いた時の状況

 ご相談のお電話を頂いたのは、40代後半の男性でした。話を聴いてみると、うつ病を10年位前から患っていらして、何度も休職しながら何とか仕事をしていました。

障害年金をインターネットで知り、専門家へ相談してみた所、無理だと言われました。諦めきれずにいた所、インターネットで当センターを知り、私はやはり無理ですか?とのご連絡でした。

2. 当センターによる見解

 症状は、抑うつ気分、不眠、頭痛、めまい、吐き気、不安感、倦怠感等の症状があり、精神障害者保健福祉手帳をもらっていませんでしたが、吐き気をもよおす時があり、食事が摂れない時がある。週に2日の出勤日以外はほとんど引きこもり状態で、炊事、洗濯、買い物等家事は妻に任せっきりである。ということでしたので、受給の可能性が非常に高いと判断し、すぐに支援の約束をしました。

3. 結果

 主治医を変えて正しい診断書を作成してもらった結果無事に障害共済年金2級が認定され、年額約177万円を受給することができました。

うつ病・気分変調症の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!022-797-1846 無料相談会予約 無料メール相談
障害年金無料診断キャンペーン

傷病から探す ※クリックすると受給事例が表示されます

障害年金無料診断キャンペーン
あなたのお宅に訪問します!無料訪問相談キャンペーンのご案内
TOP