山形県在住。遠位型ミオパチーで障害基礎年金2級を受給できたケース

1. 相談の電話を頂いた時の状況

 ご相談のお電話を頂いたのは山形県在住の30代前半の男性からでした。話を聴いてみると、2年ほど前から腰痛、背中の痛みが出てきて、歩行も不自由になってきた。間もなく、首にも違和感が出てきて近くの脳神経内科を受診した所、遠位型ミオパチーと診断された。身体障害者手帳の4級をもらっていました。

 最近、インターネットで障害年金及び当センターを知り是非サポートして下さいとのご連絡でした。

2. 当センターによる見解

 治療方法は特になく、膝の筋力低下で装具付けないと歩行も困難。つまずくことも多く、休職して家で横になっていることが多い。ペンや箸も使いづらい。との状態でしたので、受給の可能性が非常に高いと判断し、すぐに申請するべきだとすすめ、支援の約束をしました。

3. 結果

 誠心誠意努力した結果、無事に障害基礎年金2級の認定を受け年額約123万円を受給することができました。

受給事例の最新記事

関節リウマチ・ポリオ等その他の最新記事

障害年金無料相談会受付中!022-797-1846 無料相談会予約 無料メール相談
障害年金無料診断キャンペーン

傷病から探す ※クリックすると受給事例が表示されます

障害年金無料診断キャンペーン
あなたのお宅に訪問します!無料訪問相談キャンペーンのご案内
TOP