自閉症スペクトラム障害・うつ病で障害厚生年金2級を受給できたケース

1.相談の電話を頂いた時の状況

 ご相談のお電話を頂いたのは20代半ばの女性からでした。話を聴いてみると、未成年の時から友達作りが苦手で、一人でいることが多かった。次第に同級生からバカにされたり、殴られたり、いじめられるようになった。専門学校卒業後は接客業の仕事に就いたが、コミュニケーションが苦手だったこともあり、仕事についていけなくなり、1年ほどで退職した。2年位前に精神科を受診した所、自閉症スペクトラム障害との診断を受けた。

年金事務所へ相談に行ったが、手続きの大変さに困っていた所、インターネットで当センターを知り、サポートしてほしいとのご連絡でした。

2.当センターによる見解

 うつ病の症状もあり、入浴は1日おき位である。あまり人とは会いたくなくて、通院時以外は外出していない。食欲低下気味である。片付けや掃除は苦手で、買い物も出来ず、人の助けが必要である。という状態でしたので、障害年金が受給できる可能性があると伝え、当センターでサポートすることになりました。

3.結果

 誠心誠意努力した結果、無事に障害厚生年金2級の認定を受け、年額約98万円を受給することができました。

また、初回振込日に障害認定日からの遡りで1年分の約98万円が振り込まれました。

受給事例の最新記事

発達障害・てんかん等その他の最新記事

障害年金無料相談会受付中!022-797-1846 無料相談会予約 無料メール相談
障害年金無料診断キャンペーン

傷病から探す ※クリックすると受給事例が表示されます

障害年金無料診断キャンペーン
あなたのお宅に訪問します!無料訪問相談キャンペーンのご案内
TOP