年金事務所では無理ではないかと言われた。知的障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

1. 相談の電話を頂いた時の状況

 ご相談のお電話を頂いたのは、20代後半の男性のお父様からでした。話を聴いてみると、集団行動は苦手で、一人遊びが好きであった。同級生からからかわれたり、殴られたり、物を盗まれたりして、休むこともあった。特に通院・服薬はしていなくて、最近まで障害者雇用で勤務もで来ていた。1年前に軽度の知的障害で、療育手帳はもらっていました。

 年金事務所に相談に行ったところ、障害年金は無理ではないかと言われた。HPで当センターを知り、是非サポートしてほしいとのご連絡でした。

2. 当センターによる見解

 TPOに合わせた服装選びができない。雑音が苦手である。人と会うのが嫌でなるべく外出しないでいる。有り金全部を使ってしまうので、親に管理してもらっている。記憶力が弱く、昨日の出来事も忘れてしまう。人間関係をうまく築くことができない。具体的な指示がないと行動することができない。という状態でしたので、障害年金を受給できる可能性があり、すぐに申請するべきだと判断し、支援の約束をしました。

3. 結果

 どこの医師に診断書を作成して頂いたら良いかわからないということでしたので、当センターで紹介させて頂いた医師にきちんとした診断書を作成して頂いた結果、障害基礎年金2級が認定され、年額約78万円を受給することができました。

受給事例の最新記事

発達障害・てんかん等その他の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中!022-797-1846 無料相談会予約 無料メール相談
障害年金無料診断キャンペーン

傷病から探す ※クリックすると受給事例が表示されます

障害年金無料診断キャンペーン
あなたのお宅に訪問します!無料訪問相談キャンペーンのご案内
TOP