2回目の申請で、自閉症スペクトラム障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

1. 相談の電話を頂いた時の状況

 ご相談のお電話を頂いたのは、20代後半の男性のお母様からでした。話を聴いてみると、幼稚園の頃からコミュニケーションが不得手で不登校もあった。大学生の頃が初診。5年位前に初めて自閉症スペクトラム障害と診断され、精神障害者保健福祉手帳は2級をもらっていました。

 以前、当センターの支援で障害年金を受給なされたお客様からの紹介で当センターを知り、是非サポートしてほしいとのご連絡でした。

2. 当センターによる見解

 TPOに合わせた服装選びができない。食欲はなく、1日1食のみの日もある。他人と会うのはあまり好まない。金銭管理は母に任せている。歯磨きは毎日しているが、入浴は週に2、3回シャワーを浴びるのみである。掃除はできていない。という状態でしたので、諦めずに申請するべきだと判断し、すぐに支援の約束をしました。

3. 結果

 1回目の申請時にはきちんとした診断書を作成してもらえず、残念ながら障害年金を受給することはできませんでしたが、無事にきちんとした診断書を入手することができた2回目の申請の結果、障害基礎年金2級が認定され、年額約78万円を受給することができました。

受給事例の最新記事

発達障害・てんかん等その他の最新記事

障害年金無料相談会受付中!022-797-1846 無料相談会予約 無料メール相談
障害年金無料診断キャンペーン

傷病から探す ※クリックすると受給事例が表示されます

障害年金無料診断キャンペーン
あなたのお宅に訪問します!無料訪問相談キャンペーンのご案内
TOP