人工弁置換術で障害共済年金3級の5年分の遡及が認められたケース

1. 相談の電話を頂いた時の状況

 ご相談のお電話を頂いたのは岩手県在住の40代前半の女性からでした。話を聴いてみると幼稚園の頃、心室中隔欠損と診断され、手術が行われた。その後、17歳頃には形成弁術が行われた。その後も経過観察していたが、特に異常な点は見受けられず、仕事、出産、子育てに何の不自由もなく過ごしてきた。その後も自覚症状はなかったが、9年前に僧房弁狭窄症との診断を受け、人工弁置換術が行われた。インターネットで障害年金及び当センターを知り、「私でも障害年金をもらえますか」とのご連絡でした。

2. 当センターによる見解

 発病・初診日は幼稚園の頃だと判断されますが、17歳以降、特に問題なく日常生活を送っていらしたので、社会的治癒を訴えて、共済年金に加入していた9年前を新たな初診日として訴えることによって、障害共済年金3級受給の可能性が非常に高いと判断し、すぐに申請するべきだとすすめ、支援の約束をしました。

3. 結果

 誠心誠意努力した結果、無事に障害共済年金3級の認定を受け、年額約69万円を受給することができました。

また、初回振込日に障害認定日からの遡りで5年分の約292万円が振り込まれました。

 

人工弁装着の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!022-797-1846 無料相談会予約 無料メール相談
障害年金無料診断キャンペーン

傷病から探す ※クリックすると受給事例が表示されます

障害年金無料診断キャンペーン
あなたのお宅に訪問します!無料訪問相談キャンペーンのご案内
TOP