医師から障害年金は無理ではと言われたが、人工関節置換術で障害厚生年金3級を受給できたケース

1. 相談の電話を頂いた時の状況

 ご相談のお電話を頂いたのは60代前半の男性からでした。話を聴いてみると約1年半前から右足に痛みが出てきて、足を引きずるようになった。右変形性股関節症との診断を受け、間もなく人工股関節置換手術が行われた。身体障害者手帳はまだもらっていませんでした。インターネットで当センターを知り、「医師から障害年金は無理ではないかと言われましたが、本当に無理でしょうか」とのご相談でした。

2. 当センターによる見解

 身体障害者手帳の交付を受けているかどうかにかかわらず、人工骨頭または人工関節をそう入置換した場合、障害年金は3級に認定されることが多い。現在でも右足でかがむ動作時に股関節の違和感がある。脱臼が怖いので極力、右足でかがむ動作はしないようにしている。という状態だったので、障害年金3級に認定される可能性があると判断し、すぐに申請するべきだとすすめ、支援の約束をしました。

3. 結果

 誠心誠意努力した結果、無事に障害厚生年金3級の認定を受け、年額約102万円を受給することができました。

受給事例の最新記事

手足切断・人工関節の最新記事

身体障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中!022-797-1846 無料相談会予約 無料メール相談
障害年金無料診断キャンペーン

傷病から探す ※クリックすると受給事例が表示されます

障害年金無料診断キャンペーン
あなたのお宅に訪問します!無料訪問相談キャンペーンのご案内
TOP