お姉様からのご依頼で、統合失調症で障害厚生年金2級を受給できたケース

1. ご相談に来た時の状況

 ご相談にいらっしゃったのは40代半ばの女性のお姉様でした。話を聴いてみると、妹様が約20年前からうつの症状が出てきて、しばらくは通院していなかった。警察等のすすめで精神科の病院を受診した所、統合失調症であると医師から言われ、現在も入院中ということでした。

インターネットで障害年金及び当センターを知り、ご連絡頂きました。

2. 当センターによる見解

 症状は、普段は入浴もできず、ネズミの死骸が散乱している状態であった。窓には目張りをしていて、様子を見に来たお姉様から質問された所、興奮し、お姉様を突き飛ばして、自宅から逃走した。病院に措置入院となり、医師からしばらくの入院治療が必要だと言われた。という状態でしたので、受給の可能性が高いと伝え、当センターで支援することになりました。

3. 受任してから申請までにやったこと

①  初診日証明の取得
 カルテが残っているか心配でしたが、約20年前の初診の病院で、無事に初診日の証明書を書いて頂くことができました。

②  診断書作成サポート
 事前にご本人の日常生活の状況を詳しくヒアリングし、レポートにまとめ、主治医に診断書を作成して頂く際に参考資料として考慮して頂くように依頼しました。苦労した甲斐があって、診断書に障害の状況を詳細に記載して頂くことができました。

③  申立書の作成
 発病してから現在に至るまでの日々の苦しさや困難さを、ひとつひとつ時間をかけて、丁寧に伺いました。そして、ヒアリングした内容をもとに「病歴・就労状況等申立書」を詳細に作成しました。

4. 結果

 お姉様のご協力を得て、誠心誠意努力した結果、無事に障害厚生年金2級を認定され、年金額約107万円の受給となりました。

受給事例の最新記事

統合失調症・妄想性障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中!022-797-1846 無料相談会予約 無料メール相談
障害年金無料診断キャンペーン

傷病から探す ※クリックすると受給事例が表示されます

障害年金無料診断キャンペーン
あなたのお宅に訪問します!無料訪問相談キャンペーンのご案内
TOP