てんかんではなく双極性感情障害で障害厚生年金3級を受給できたケース

1. 相談の電話を頂いた時の状況

 ご相談の電話を下さったのは30代前半の男性からでした。話を聴いてみると15歳頃からてんかんを患っていらっしゃって、外回りの仕事は何とかやっていたが、双極性感情障害になり休職することになった。インターネットで障害年金及び当センターを知り、「もしかしたら障害年金をもらえますか」とのご連絡でした。

2. 当センターによる見解

 発作はほとんどなく、気分高揚、爽快気分、活動性亢進、睡眠欲求の減少の状態と抑うつ状態を繰り返していて、日常の生活状況はほぼ外出は出来ず、家で横になっていることが多く、家事や育児は妻に任せっきりである。昼食はとらない事が多い。という状態でしたので、てんかんでは難しいが、双極性感情障害では受給の可能性があり、すぐに申請するべきだと判断し、支援の約束をしました。

3. 受任してから申請までにやったこと

初診日証明の取得

 初診時の医療機関に受診状況等証明書を作成して頂き、無事、初診日を証明することができました。

②診断書作成サポート  

 発病してから現在に至るまでの日々の苦しさや困難さを、ひとつひとつ時間をかけて、丁寧に伺いました。主治医に障害年金受給の可能性があることを伝え、本人の苦しさが伝わるように、ヒアリングした内容をレポートにまとめ、主治医に参考資料として渡しました。その結果、診断書に障害の状況を詳細に記載していただくことができました。

③申立書の作成  

 ご本人からしっかりヒアリングした内容をもとに「病歴・就労状況等申立書」を詳細に作成しました。

4. 結果

 奥様のご協力を得て誠心誠意努力した結果、無事に障害厚生年金3級を認定され、月額約58万円を受給することができました。

双極性感情障害(躁うつ病)の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!022-797-1846 無料相談会予約 無料メール相談
障害年金無料診断キャンペーン
障害年金無料診断キャンペーン
あなたのお宅に訪問します!無料訪問相談キャンペーンのご案内
TOP