直腸がんでの人工肛門造設で障害厚生年金3級の1年半分の遡及が認められたケース

1. ご相談の電話を頂いた時の状況

 最初、ご相談のお電話を頂いたのは50代半ばの男性からでした。話を聴いてみると、約2年前に直腸がんが発覚し、人工肛門の造設手術が行われ、身体障害者手帳の4級をもらったとの事でした。そして、医療機関に置かせて頂いている当センターのリーフレットで障害年金及び当センターを知り、「私でももらえるのでは・・・」とのご連絡でした。

2. 当センターによる見解

 日常生活状況は、入浴するとめまいが起こり何度も倒れたので、一日おきにシャワーを浴びる程度。味が分からず、カレーライスを食べても辛く感じない。砂糖をなめても甘く感じない。手足はいつもしびれている。腹に力を入れると腸液が出る。少し歩いただけでも息が切れ、めまいがする。という状態なので、障害年金受給の可能性が高いことを伝え、すぐに申請するべきだとすすめました。

3. 受任してから申請までにやったこと

①  初診日証明の取得

 初診時の医療機関から、受診状況等証明書を取得しました。

②  診断書作成サポート

 診断書記入時の注意点やポイントをレポートにまとめ、医師に参考資料として渡しました。苦労した甲斐があって、診断書に障害の状況を詳細に記載して頂くことができました。

③  申立書の作成

 発病してから現在に至るまでの日々の苦しさや困難さを、ひとつひとつ時間をかけて、丁寧に伺いました。そして、ヒアリングした内容をもとに「病歴・就労状況等申立書」を詳細に作成しました。

4. 結果

 誠心誠意努力した結果、無事に障害厚生年金3級の認定を受け、年額約74万円を受給することができました。 また、初回振込日に障害認定日からの遡りで1年半分の約111万円が振り込まれました

がん・白血病の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!022-797-1846 無料相談会予約 無料メール相談
障害年金無料診断キャンペーン
障害年金無料診断キャンペーン
あなたのお宅に訪問します!無料訪問相談キャンペーンのご案内
TOP