精神障害者保健福祉手帳は3級であったが、ADHDで障害基礎年金2級を受給できたケース

1. 相談の電話を頂いた時の状況

 ご相談のお電話を頂いたのは、山形県の20代後半の女性でした。話を聴いてみると、学生時代から忘れ物が多く、コミュニケーションが不得手で男子とよくケンカしていた。高校生の頃からはうつの症状も出てきて、自殺未遂をし救急入院したこともあった。アルバイトを何とかしていたこともあったが、外出もできなくなった2年位前に、初めてADHDと診断されたとの事でした。精神障害者保健福祉手帳は3級をもらっていました。

 ご自身で障害年金を申請するつもりでいろいろ調べていたが、一人では手に負えないと判断し、インターネットで当センターを知り、サポートしてほしいとのご連絡でした。

2. 当センターによる見解

 山形県のお客様で、当事務所まで来ることが困難との事でしたので、電話やメールでご相談させて頂きました。病歴が長かったので、障害年金の申請において重要な初診日証明が無事取れるかが心配でしたが、過食と拒食を繰り返し、体重の増減が激しい。炊事中火をつけっぱなしにしてしまう事がある。片付けや掃除は全くできず、家族からの多大な援助が不可欠である。という状態でしたので、諦めずに申請するべきだと判断し、すぐに支援の約束をしました。

3. 受任してから申請までにやったこと

①初診日証明の取得

 初診が11年位前ということで、初診時の病院にカルテが残っているかが心配でしたが、幸いにも残っており、無事初診日の証明書を取ることができました。

②診断書作成サポート

 発病してから現在に至るまでの日々の苦しさや困難さを、ひとつひとつ時間をかけて、丁寧に伺いました。医師に本人の苦しさが伝わるように、ヒアリングした内容をレポートにまとめ、医師に参考資料として渡しました。苦労した甲斐があって、診断書に障害の状況を詳細に記載して頂くことができました。

③申立書の作成

 ご本人からしっかりヒアリングした内容をもとに「病歴・就労状況等申立書」を詳細に作成しました。

4. 結果

 誠心誠意努力した結果、無事に障害基礎年金2級が認定され、年額約78万円を受給することができました。

 本件のように、いわゆる障害者手帳の等級と障害年金の等級は必ずしも一致しないので、障害者手帳の等級に関わらず、是非、一度、当センターにご相談下さい。

受給事例の最新記事

発達障害・てんかん等その他の最新記事

障害年金無料相談会受付中!022-797-1846 無料相談会予約 無料メール相談
障害年金無料診断キャンペーン
障害年金無料診断キャンペーン
あなたのお宅に訪問します!無料訪問相談キャンペーンのご案内
TOP