領収書と紹介状で初診日が認められ、脊髄腫瘍で障害厚生年金3級を受給できたケース

1. 相談の電話を頂いた時の状況

 最初、ご相談のメールを頂いたのは50代前半の男性でした。話を聴いてみると、3年ほど前に脊髄腫瘍を発症し、仕事は何とか継続しているが、その後遺症で日常生活に支障が出ているようで、インターネットで障害年金及び当センターを知り、ご連絡頂いたようでした。

 

2. 当センターによる見解

 3年ほど前に脊髄腫瘍を発症し、無事摘出手術は行われたが、その後遺症で下肢麻痺、感覚障害、膀胱直腸障害がありました。仕事は事務所へ職場変更してもらいながら、何とか継続していましたが、歩行時には杖を常用している状態でした。 診察時に同行し、医師に障害年金受給の可能性があることを伝えることを約束し、すぐに申請するべきだとすすめました。

 

3. 受任してから申請までにやったこと

① 初診日証明の取得

 初診時の医療機関は残念ながら廃業していたので、受診状況等証明書を書いて頂くことはできませんでした。ただし、ご本人様が当時の領収書を保管していたので、それと転院した医療機関への紹介状の写しを取得し、提出したところ、無事初診日を認めて頂きました。

② 診断書作成サポート

 ご本人診察時に同行し、主治医に本人の苦しさを伝え、障害認定日当時のものと申請時のものの2枚診断書を作成して頂くように依頼しました。主治医は障害年金に関してあまりご存知なかったようでしたので、受給の可能性があることを丁寧に説明しました。苦労した甲斐があって、診断書に障害の状況を詳細に記載していただくことができました。

③ 申立書の作成

 発病してから現在に至るまでの日々の苦しさや困難さを、ひとつひとつ時間をかけ て、丁寧に伺いました。そして、ヒアリングした内容をもとに「病歴・就労状況等申立書」を詳細に作成しました

 

4. 結果

 誠心誠意努力した結果、無事に障害厚生年金3級の認定を受け、年額約99万円を受給することができました

また、初回振込日に障害認定日からの遡りで2年分の約198万円が振り込まれました。

 

HIV・化学物質過敏症・パーキンソン病等難病の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!022-797-1846 無料相談会予約 無料メール相談
障害年金無料診断キャンペーン
障害年金無料診断キャンペーン
あなたのお宅に訪問します!無料訪問相談キャンペーンのご案内
TOP