通院・入院中で障害年金を希望されている方へ

病院用バナー_改訂版

通院・入院中のお客様は電話・メール・郵便でも対応可能!
障害年金の申請は当センターへお任せ下さい。

障害年金とは?

障害年金とは「病気のために日常の生活になんらかの支障を持つ、原則20歳から64歳までの方」が支給対象となる、国からの公的援助金です。

対象となる病気は?

対象となる病気は幅広く、うつなどの精神病から、ペースメーカ病院を体に入れた人、糖尿病による合併症をお持ちの方などその他多くの病気が対象となります。

この障害年金、制度が複雑だったり、あまり知られていないためにもらえていない人が日本で10万人以上いると言われています。

通院・入院中のあなたもその1人かもしれません。当センターは障害年金をもらうための情報豊富に掲載したHPを発信しております。

通院・入院中でない方にも対応しておりますので、ご安心下さい!

 

実際にあった障害年金の申請を教えて下さい

通院・入院中の方から多く寄せられるご質問の中で、実際の受給事例をご紹介いたします。
受任から申請までの流れも記載しておりますので、ご参考下さい。

 

医師に診断書の記入間違いを訂正して頂き、うつ病で障害共済年金2級を受給できたケース

1.相談の電話を頂いた時の状況

utsu_manご相談のお電話を頂いたのは、30代後半の女性のお母様からでした。話を聴いてみると、うつ病を17年位患っていらして、現在も休職中だとの事でした。お母様が申請しようと共済組合から申請書等を取得し、かつ、受診状況等証明書も取得し、主治医には診断書を作成依頼中。しかし、病歴・就労状況等申立書の書き方が分からず、インターネットで当センターを知り、「是非サポートしてほしい」とのご連絡でした。

2.当センターによる見解

17年以上患っているうえ、薬もあまり効かず、不眠、食欲不振、強迫観念や自殺願望等の症状がある。掃除・洗濯等はできず、家事は家族に任せっきりの状態との事でしたので、受給の可能性が高いと判断し、すぐに支援の約束をしました。

3.受任してから申請までにやったこと

① 初診日の証明書・診断書の記載内容確認チェック

医師といえども、初診日の証明書や診断書が正確に記載されているとは限りません。実際、ベテランの医師でも障害年金の診断書を1回も書いたことがない方もいらっしゃいます。

以前、障害年金をご自分で申請した所、不支給決定を受け、私どもにご相談にいらした方がいました。提出された診断書等を拝見したら、記載漏れや間違いがあり、それが影響したのではないかと考えられました。

私どもでは、医師に記載して頂いた診断書をそのまま年金事務所等へ提出するのではなく、記載内容に記入漏れや間違いがないかどうか提出前に十分にチェックし、必要であれば、医師に訂正依頼させて頂く場合もあります。

障害年金がもらえるかどうか非常に重要なものですから、ご自分でも診断書の記載内容は必ず確認しましよう。

② 申立書の作成

ご本人やお母様から発病してから現在に至るまでの日々の苦しさや困難さを、ひとつひとつ時間をかけて、丁寧に伺い「病歴・就労状況等申立書」を詳細に作成しました。

4.結果

審査結果が出るまでに半年ほどかかりましたが、お母様のご協力も得て、誠心誠意努力した結果、障害共済年金2級に認定され、年額約122万円を受給することができました。

 

くも膜下出血による高次脳機能障害で障害厚生年金3級を受給できたケース

1. ご相談の電話を頂いた時の状況

脳梗塞ご相談の電話を頂いたのは30代後半の男性の奥様からでした。話を聞いてみると、昨年、くも膜下出血を起こし、その後遺症で高次脳機能障害があるという事でいらっしゃいました。会社は休職中で傷病手当金をもらっていましたが、復職できる可能性はあったが、将来に不安があり、障害年金について相談したかったそうです。
タイミングよく奥様がインターネットで当センターのことを知り、サポートしてほしいとのご連絡をでした。

2. 当センターによる見解

私自身の理念として、障害年金の申請は受給者本人の権利であり、私たち社労士はそれを少しでも可能性が高まるようにご支援することが責務であると考えています。
本件は、幸い身体には障害が残りませんでしたが、記憶の低下が激しい、道に迷う事が多い、食欲不振である等の高次脳機能障害があるという事でしたので、精神の障害で障害年金が認められるのではと判断し、すぐに申請するべきだとアドバイスをいたしました。

3. 受任してから申請までにやったこと

① 初診日証明の取得

昨年の発病時に救急車で運ばれたという病院で初診日証明をとりました。

② 診断書作成サポート

ご本人診察時に同行し、主治医に本人の苦しさ(特に日常生活の大変さ)を伝え、障害認定日時点での診断書を作成して頂くように依頼しました。苦労した甲斐があって、診断書に障害の状況を詳細に記載していただくことができました。

③ 申立書の作成

発病してから現在に至るまでの日々の苦しさや困難さを、ひとつひとつ時間をかけて、丁寧に伺いました。そして、ヒアリングした内容をもとに「病歴・就労状況等申立書」を詳細に作成しました。

4. 結果

奥様のご協力を得て、誠心誠意努力した結果、無事に障害厚生年金3級を認定され、年額約58万円を受給することができました

 

脳出血後、フルタイムで職場復帰し、障害厚生年金3級を受給できたケース

1. ご相談の電話を頂いた時の状況

男性 笑顔ご相談のお電話を頂いたのは40代前半の男性からでした。話を聴いてみると、1年半ほど前に脳塞栓症を発症し、現在は左上下肢機能障害で、身体障害者手帳は3級をもらっていました

当センターをインターネットで知り、「フルタイムで職場復帰していますが、私でも障害年金をもらえるますか」とのご連絡でした。

2. 当センターによる見解

リハビリの結果、杖等の補助用具は使用していないが、左片麻痺によりつまむ、握る、さじで食事をする、顔を洗う、用便の処置をする、ひもを結ぶ等の動作が全くできず、てんかん発作の可能性があり、予後も悪い。という状態だったので、受給の可能性があると判断し、すぐに申請するべきだとすすめ、支援の約束をしました。

3. 受任してから申請までにやったこと

① 初診日証明の取得

最初に受診した医療機関から受診状況等証明書を取得し、初診日を証明することができました。

② 診断書作成サポート

医師に書いて頂いた診断書に記入間違い等がございましたので、ご修正して頂くようにアドバイス致しました。苦労した甲斐があって、診断書に障害の状況を正確に、詳細に記載して頂くことができました。

③ 申立書の作成

発病してから現在に至るまでの日々の苦しさや困難さを、ひとつひとつ時間をかけて、丁寧に伺いました。

ご本人からヒアリングした内容をもとに「病歴・就労状況等申立書」を詳細に作成しました。

4. 結果

誠心誠意努力した結果、無事に障害厚生年金3級の認定を受け、年額約58万円を受給することができました。

 

最後に

ou障害年金制度は非常に複雑です。

ご自身が受給の対象か、いくらもらえるのかなど当センターで無料でご相談を承ります。

お気軽にご相談下さい。

推薦者・応援者の声

  • 仙台ポリオの会
    副会長 佐藤孝志 様

    池田先生を推薦いたします。私は、仙台ポリオの会副会長佐藤と申します。池田先生は障害年金等についていろいろご助言を頂き、当会の会員は常に相談を行ない、アドバイスを頂いているところであります。 当会の相談会においても、受給申請の手続き等について親身になりご指導を頂いております。 ぜひ、障害年金等で困っているも障害者がおりましたら、是非、池田先生

    団体名 仙台ポリオの会
    郵便番号 〒980-0012
    所在地 宮城県仙台市青葉区錦町2-4-39
     
    お名前 会長 阿部 一彦 様
    電話番号 022-261-8631
    FAX番号 022-261-8631
    URL http://www.vho-net.org/-article-550.html
  • NPO法人宮城県患者・家族団体連絡協議会
    理事長 小関理 様

    私は現在NPO法人宮城県患者・家族団体連絡協議会の理事長です。池田さんは、我々の会の学習会に講師としてきていただきました。難病患者は、病気の治療に手一杯で障害年金や障害者手帳について非常に疎いです。そんな中で、講演いただいたことは難病患者の力になりました。多くの患者に手を貸していただいております。これからも宜しくお願いします。

    団体名 NPO法人宮城県患者・家族団体連絡協議会
    郵便番号 〒980-0801
    所在地 仙台市青葉区木町通1丁目4番15号
    仙台市交通局本局庁舎4F
    お名前 理事長 小関 理 様
    電話番号 022-796-9130
    FAX番号 022-211-1781
    URL http://mpcmiyagi.com/
障害年金無料相談会受付中!022-797-1846 無料相談会予約 無料メール相談
障害年金無料診断キャンペーン
障害年金無料診断キャンペーン
あなたのお宅に訪問します!無料訪問相談キャンペーンのご案内
TOP